コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯鉤 たいこうdai-kou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯鉤
たいこう
dai-kou

中国古代に用いられた帯金具の一種。一端となり,裏面中央にはボタン状留金具がつき,それを帯の一端に固定し,鉤部を帯の他端に留めて締める。表には各種の装飾が施され,金銀を象眼したもの,竜,亀,へび,鳥などの動物文を表現したものなどがある。材料としては,青銅,鉄,ガラスなどが用いられた。戦国時代に北辺民族との交渉によって中国にもたらされたと考えられ,戦国時代,漢代に盛行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐こう【帯×鉤】

中国、戦国時代から代にかけて盛行した鉤(かぎ)状の帯金具。青銅製のほか、鉄・軟玉製などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帯鉤【たいこう】

中国の春秋戦国時代〜漢代に流行した,革帯(かくたい)を締めるための具。青銅・鉄製のものが多く,骨・玉製もある。細長い琵琶状,棒状の具の一端を鉤(かぎ)状に曲げた形が多く,戦国時代のものには,象嵌(ぞうがん)などを施した意匠に富むものが見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいこう【帯鉤 dài gōu】

男性用の革帯につける帯留めの金具。中国の春秋戦国時代から後漢代にかけて広く用いられた。基本的な構造はスプーン形の鋳造品で,細い棒状の一端を表側へ鉤(かぎ)状に折り曲げ,幅の広い部分の裏側にボタン状の突起をつくりだしたもの。戦国時代の銅俑や秦始皇陵兵馬俑坑の戦士俑によって使用法がわかる。革帯の一端に一字形の切込みをいれてボタン状突起をさしこみ,帯のもう一端に小円孔をあけて鉤状の部分をひっかけ,腹の中央でとめるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の帯鉤の言及

【帯金具】より

…鉄器時代初期のハルシュタット文化A期では,円盤形の先に環を付したものと,小型の円盤の一端に舌をつけてこの先を鉤状に曲げた組合せが普及している。これらは帯鉤(たいこう)の一種である。帯金具とは皮革ないし布製の帯の表面につけた金・銀あるいは金銅製の飾金具で,一般に方形をなし,それに透し彫または打出しの図文をほどこしてある。…

※「帯鉤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯鉤の関連キーワード鄭州二里岡遺跡石寨山古墓茶戸里遺跡北沙城漢墓造山古墳輝県古墓金村古墓装身具鉸具

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android