コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細形銅剣 ほそがたどうけん

1件 の用語解説(細形銅剣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細形銅剣
ほそがたどうけん

有茎式銅剣の一種。身の下半部の両側縁がくびれ,そのくびれた部分の上端に小さな棘状突起がつくりだされたもので,形態からみて遼寧式銅剣と関連があることは明らかである。主として朝鮮半島と日本から発見されるが,まれに沿海州や中国東北地区でも発見される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の細形銅剣の言及

【銅剣】より

…朝鮮,日本の銅剣はこの剣の系譜下にある。朝鮮では遼寧式銅剣を祖型として前3世紀ころに細形銅剣を製作しはじめた。この剣は剣身側縁に刳り(えぐり)があり脊に鎬(しのぎ)を研(と)ぎ出す。…

※「細形銅剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細形銅剣の関連キーワード遼寧式銅剣エッジ下半オルドス式銅剣琵琶形銅剣満州式銅剣アキナケス式銅剣カラスク式銅剣有茎式石剣有柄式銅剣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone