台書(読み)タイショ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 他人を敬って、その手紙をいう語。台翰。台墨。
② (「だいしょ」とも) 将軍や貴人が自分で書くこと。台筆。
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)九月四日「法華第一巻被台書并彌陀名号、百万遍被念等之事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android