右馬允家安(読み)うまのじょう いえやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右馬允家安 うまのじょう-いえやす

?-? 鎌倉時代の名主。
東寺領の丹波大山荘(おおやまのしょう)(兵庫県)一井谷(いちいたに)に田8反を所有。永仁(えいにん)2年(1294)同荘が東寺と地頭との下地中分(したじちゅうぶん)とされたとき沙汰人(さたにん)となる。文保(ぶんぽ)2年(1318)預所(あずかりどころ)と対決し,名主・農民による同荘の管理,年貢徴収などの請負を実現させた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

右馬允家安

生年:生没年不詳
鎌倉後期の名主,沙汰人。藤原家安,右馬尉,馬允などとも称される。東寺領丹波国大山荘(兵庫県丹南町)一井谷の行恒名の名主であったと推定され,永仁3(1295)年の東寺と地頭との下地中分以降,沙汰人職に補任される。文保2(1318)年には,一井谷百姓を代表して預所重舜の非法を追及,東寺の法廷で対決し,年貢の百姓請を実現した。悪党厳増の代官の荘内乱入の際は,人勢,兵粮米を集めて防戦し,また作田の確保をめぐって,他の有力名主らと共に地頭方の苅田を強行した。中世村落の中核に位置する存在として,研究史上村落領主と概念化されている。<参考文献>大山喬平『日本中世農村史の研究』

(水野章二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android