司法修習生の給費制

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

司法修習生の給費制

司法修習に専念させるといった目的で、国は月20万円ほどの給料と夏冬の賞与を支払ってきた。だが国の財政負担が増え、他の資格に比べて優遇しすぎだとの批判が出て、2004年の裁判所法改正で貸与制の導入が決まった。11月から採用される修習生は貸与制になる。

(2010-07-23 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司法修習生の給費制の関連情報