修習(読み)しゅじゅう

精選版 日本国語大辞典「修習」の解説

しゅ‐じゅう ‥ジフ【修習】

〙 (「しゅ」「じゅう」は、それぞれ「修」「習」の呉音) 仏語。同じことを繰り返して行なうことによって目的を達しようとすること。略して「修」とも「習」ともいう。
※勝鬘経義疏(611)法章「皆因修習已極。更無新造
太平記(14C後)三五「角(かく)て精勤修習(シュシウ)せしかば、軈(やが)阿羅漢果をぞ得たりける」

しゅう‐しゅう シウシフ【修習】

〘名〙 学問などをおさめならうこと。
続日本紀‐天平宝字三年(759)六月壬子「修習仁義礼智信之善」 〔漢書‐趙充国伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「修習」の解説

しゅう‐しゅう〔シウシフ〕【修習】

学問・技能などをならって身につけること。「司法修習生」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android