コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合理的行為者モデル ごうりてきこういしゃモデルrational actor model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合理的行為者モデル
ごうりてきこういしゃモデル
rational actor model

人間の合理性前提とした合理的選択理論の考え方。それを個人レベルから国家レベルに移行させ,対外政策決定に関し,国家が単一行為主体として合理的な決定を下すことを前提としたものが,G.アリソンの第1モデルで,合理的行為者モデルという。そのプロセスは,(1) 政策目標の設定,(2) 手段としての選択肢の設定,(3) 予測される結果の分析,(4) 最小の費用と最良結果の原則による決定であり,国際関係論外交の伝統的アプローチである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android