コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田春悦 ごうだ しゅんえつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田春悦 ごうだ-しゅんえつ

1832-1910 幕末-明治時代の鍼(はり)医。
天保(てんぽう)3年生まれ。合田錦園の子。2歳で失明。多紀安良に漢方を,和田春孝に鍼(しん)術をまなび,杉山流鍼術をきわめる。維新後,浅田宗伯らの漢方医団体温知社にはいり,漢方,鍼術の復権をはかった。明治43年6月4日死去。79歳。名は昌松。通称は鶴一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

合田春悦の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android