コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合金の状態図 ごうきんのじょうたいずphase diagram of alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合金の状態図
ごうきんのじょうたいず
phase diagram of alloy

状態図は温度・成分濃度による相状態の変化を示すもので,全率固溶体,共晶,共析,包晶,包析,偏晶,固体偏晶反応など種々のタイプに分類されている。合金状態図の特徴は,酸化物の状態図に比較して固溶体領域が相対的に多いことである。これは金属の方が化合物よりも均一に混合しやすいことを意味している。状態図は合金の性質,熱処理の方法,製造法などの研究に最も基礎的な資料となるので,多くの合金について詳細な研究がなされている。状態図の作成には熱分析,膨張測定,比熱測定,電気伝導度測定,金属顕微鏡法,X線回折法など,あらゆる金属物理学的手法が駆使される。3成分以上の合金では成分数と組成と温度とで四次元以上になり非常に複雑であるため,中間の金属間化合物などを介する擬二元系状態図,また温度を固定した等温断面図が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

合金の状態図の関連キーワード鉄鋼の状態図実用状態図三島徳七冶金

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android