コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包晶 ほうしょう peritectic

2件 の用語解説(包晶の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

包晶

液体が平衡に共存している結晶と反応して別の結晶を作り,もとの結晶を包んでしまうことがある.このような結晶を包晶または包析晶という[久保ほか : 1987,長倉ほか : 1998].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょう【包晶 peritectic】

合金が凝固する場合の凝固形態の一つ。一般には融液が固溶体の周りを包むように反応して,別の固溶体を形成する場合に生ずる結晶。2元系合金については,その状態図が図1に示すようなものである場合に生じる組織である。たとえば組成がX0の合金を液相L状態からゆっくりと冷却すると,温度T1において,液相から,組成α1の固相αが初晶として晶出し,その後固相αの量は増え,その組成はα1からαPへ向かって順次変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

包晶の関連キーワード凝固点凝固熱凝固因子凝血時間凝固剤凝固時間凝固タンパク質血液凝固促進剤坑凝固薬平衡凝固

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone