コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包晶 ほうしょうperitectic

岩石学辞典の解説

包晶

液体が平衡に共存している結晶と反応して別の結晶を作り,もとの結晶を包んでしまうことがある.このような結晶を包晶または包析晶という[久保ほか : 1987,長倉ほか : 1998].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょう【包晶 peritectic】

合金が凝固する場合の凝固形態の一つ。一般には融液が固溶体の周りを包むように反応して,別の固溶体を形成する場合に生ずる結晶。2元系合金については,その状態図が図1に示すようなものである場合に生じる組織である。たとえば組成X0の合金を液相L状態からゆっくりと冷却すると,温度T1において,液相から,組成α1の固相αが初晶として晶出し,その後固相αの量は増え,その組成はα1からαPへ向かって順次変化する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

包晶の関連キーワードマグマテイック・ペリモルフォースアルケメイドの定理合金の状態図取り巻き組織包析反応包晶温度共包晶包共晶逆包晶固相液相

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android