合食禁(読み)がっしょくきん

精選版 日本国語大辞典「合食禁」の解説

がっしょく‐きん【合食禁】

〘名〙
① 同時に食べると体のになる食物を食べないようにすること。また、そのような食物。食い合わせ。また、転じて、そのような食物を食べると下痢などを起こすというところから、解毒薬にも用いられる。がっしょうきん
庭訓往来(1394‐1428頃)「禁好物注文。合食禁日記。任薬殿壁書。可写給候」
② お互いが性格的に相いれないこと。気が合わないこと。また、そのような人。がっしょうきん。

がっしょう‐きん【合食禁】

〘名〙
※日葡辞書(1603‐04)「カノ ヒトト アノ ヒトハ gaxxǒqinde(ガッシャウキンデ) アル〈訳〉あの人たちは互いにそりが合わない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の合食禁の言及

【食合せ】より

…いっしょに食べるとさまざまな中毒症状などを起こすとされていた2種あるいは2種以上の食品の組合せ。古くは合食禁(がつしよくきん),あるいは単に食禁(しよつきん∥じつきん)といった。中国では古く梁代の《神農本草経》のような,食経と呼ばれる典籍類が成立し,陰陽五行説にもとづく正しい食事のあり方が説かれたが,その中心は食法上の禁忌,つまり食禁であった。…

※「合食禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android