コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解毒薬 ゲドクヤク

2件 の用語解説(解毒薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げどく‐やく【解毒薬】

解毒剤」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

解毒薬【げどくやく】

生体内に入った毒物や体内で発生した毒素を化学的に無毒にして排泄(はいせつ)したり,物理的に排出させる薬物の総称。前者には,ヒ素剤中毒に用いるジメルカプロールや,有機リン剤中毒に用いるPAM等があり,後者には催吐剤,吸着剤等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の解毒薬の言及

【解毒】より

…しかし,これらの解毒機構により,必ずしも毒性が低下するばかりとはいえない。 解毒薬antidoteは,生体が毒物や薬物を摂取した場合,この化合物を速やかに処理し,その毒性の消失を促進しまたは減弱する目的で用いられる薬物を総称する。解毒薬と呼びうる薬物は数多く,またその作用機序も多様であるが,おおよそ次の四つに大別される。…

※「解毒薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

解毒薬の関連キーワード自家中毒胎毒中毒異物インビボ器質化解毒菌体内毒素解毒能生体内変化 (biotransformation)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解毒薬の関連情報