吉例(読み)きちれい

精選版 日本国語大辞典「吉例」の解説

きち‐れい【吉例】

〙 以前からずっと引き続いて行なわれている、めでたいしきたり。よい先例。きつれい。
※中右記‐寛治八年(1094)四月一四日「遠尋、有此興歟」
太平記(14C後)八「去月十二日の合戦も、其の方より勝ったりしかば、吉例(レイ)也とて」

きつ‐れい【吉例】

※運歩色葉(1548)「吉例 キツレイ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android