吉例(読み)キチレイ

精選版 日本国語大辞典の解説

きち‐れい【吉例】

〘名〙 以前からずっと引き続いて行なわれている、めでたいしきたり。よい先。きつれい。
※中右記‐寛治八年(1094)四月一四日「遠尋吉例、有此興歟」
※太平記(14C後)八「去月十二日の合戦も、其の方より勝ったりしかば、(レイ)也とて」

きつ‐れい【吉例】

※運歩色葉(1548)「吉例 キツレイ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉例の関連情報