コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備上道弟君 きびのかみつみちの おときみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備上道弟君 きびのかみつみちの-おときみ

日本書紀」にみえる豪族
吉備上道田狭(たさ)と吉備稚媛(わかひめ)の子。雄略天皇の命をうけ吉備海部(あまの)赤尾とともに,新羅(しらぎ)(朝鮮)を討ち,百済(くだら)(朝鮮)から技術者をもとめるために渡海する。任那(みまな)にいた父から天皇に離反するようすすめられしたがおうとしたが,天皇に忠義心をもつ妻の樟媛(くすひめ)に殺されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉備上道弟君の関連キーワード吉備上道田狭吉備海部赤尾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android