コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備武彦 きびの たけひこ

1件 の用語解説(吉備武彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備武彦 きびの-たけひこ

記・紀にみえる武人。
稚武彦王(わかたけひこおう)の孫。吉備下道臣(きびのしもつみちのおみ)の祖。「日本書紀」によると,日本武尊(やまとたけるのみこと)の東国征討にしたがう。越(こし)の国につかわされて地勢や民情を視察し,美濃(みの)で日本武尊と合流。日本武尊が病むと,使者としてその遺言を景行(けいこう)天皇につたえたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の吉備武彦の言及

【吉備氏】より

…古代の吉備の豪族。《古事記》《日本書紀》の伝承によれば,景行(天皇)の妃となり日本武(やまとたける)を生んだ播磨稲日大娘は同氏の出身で,日本武とともに蝦夷遠征に功のあった吉備武彦の娘は日本武の妃となり,吉備武彦の子の鴨別は仲哀(天皇)の熊襲征討に功があり,応神(天皇)の妃の兄媛や仁徳(天皇)の妃の黒媛も吉備氏の出身という。これらを通じて,大王家に女を入れて婚姻関係を結び,その軍事行動に参加するという形で,大王勢力と結合関係にあったことが知られる。…

※「吉備武彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉備武彦の関連キーワード目に見える武渟川別命阿閉国見穴戸武媛武振熊彦国葺稚子媛稚武彦王稚足姫皇女絙某弟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone