コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備武彦 きびの たけひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備武彦 きびの-たけひこ

記・紀にみえる武人。
稚武彦王(わかたけひこおう)の孫。吉備下道臣(きびのしもつみちのおみ)の祖。「日本書紀」によると,日本武尊(やまとたけるのみこと)の東国征討にしたがう。越(こし)の国につかわされて地勢や民情を視察し,美濃(みの)で日本武尊と合流。日本武尊が病むと,使者としてその遺言を景行(けいこう)天皇につたえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉備武彦の言及

【吉備氏】より

…古代の吉備の豪族。《古事記》《日本書紀》の伝承によれば,景行(天皇)の妃となり日本武(やまとたける)を生んだ播磨稲日大娘は同氏の出身で,日本武とともに蝦夷遠征に功のあった吉備武彦の娘は日本武の妃となり,吉備武彦の子の鴨別は仲哀(天皇)の熊襲征討に功があり,応神(天皇)の妃の兄媛や仁徳(天皇)の妃の黒媛も吉備氏の出身という。これらを通じて,大王家に女を入れて婚姻関係を結び,その軍事行動に参加するという形で,大王勢力と結合関係にあったことが知られる。…

※「吉備武彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉備武彦の関連キーワード吉備津神社(岡山市)吉備津神社吉備鴨別穴戸武媛焼津神社吉備氏