コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備津采女 きびつの うねめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備津采女 きびつの-うねめ

?-? 飛鳥(あすか)時代の女官。
吉備国津郡出身の采女という。近江(おうみ)朝廷につかえ,ゆるされない結婚をしたため罰せられ,自殺したとされる。「万葉集」巻2に柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)の長歌1首,反歌2首の挽歌があり,当時世にきこえた事件を人麻呂がうたったものとおもわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉備津采女の関連キーワードあすか女官

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android