吉原 治良(読み)ヨシハラ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

吉原 治良
ヨシハラ ジロウ

昭和期の洋画家



生年
明治38(1905)年1月1日

没年
昭和47(1972)年2月10日

出生地
大阪府大阪市淀屋橋

学歴〔年〕
関西学院高商部〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本国際美術展最優秀賞(第9回)〔昭和42年〕「白い円」,インド・トリエンナーレ展金賞(第2回)〔昭和46年〕

経歴
学校を出て父が創立した吉原製油を継ぎ社長となる。中学時代から油絵を学び、昭和3年大阪で個展を開く。藤田嗣治、東郷青児らの知遇を得て二科展に出品し、9年に初入選。13年二科会会友、同年同会の進歩的メンバーと九室会を結成し、20〜45年二科会会員。戦後はいち早く再建二科展に出品する一方、29年具体美術協会を設立し、代表となる。また33年には親交のあったミシェル・タピエとの共同企画で「新しい絵画・世界展」を東京などで開催。37年大阪にグタイ・ピナコテカ(具体美術館)を創設、代表。その後、内外のアンフォルメ作家を中心に作品の紹介に努めるとともに、日本の前衛絵画を世界の水準に並ばせた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

吉原 治良 (よしはら じろう)

生年月日:1905年1月1日
昭和時代の洋画家。具体美術協会代表
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉原 治良の関連情報