コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東郷青児 とうごう せいじ

7件 の用語解説(東郷青児の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東郷青児

洋画家。鹿児島県生。名は鉄春。青山学院中等部卒業後、有島生馬に師事する。のち渡仏し、リヨン美術学校に学ぶ。幻想的・装飾的な独自の女性像を描くことで、才能を示し、戦後は二科会の再建に尽力した。日本芸術院賞受賞。二科会会長・日本芸術院会員文化功労者。昭和53年(1978)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうごう‐せいじ〔トウガウ‐〕【東郷青児】

[1897~1978]洋画家。鹿児島の生まれ。本名、鉄春。未来派風の「パラソルさせる女」を二科展で発表。のち、二科会の中心的存在となり、甘美な色調と装飾性をもつ女性像を多く描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東郷青児【とうごうせいじ】

洋画家,鹿児島市生れ。本名鉄春。有島生馬に師事し,二科展に出品,1916年二科賞を受賞。1919年―1928年渡仏。帰国後二科展に《サルタンバンク》《ノスタルジ》など滞欧作23点を特別陳列し,昭和洋画奨励賞を受賞。
→関連項目宇野千代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東郷青児 とうごう-せいじ

1897-1978 大正-昭和時代の洋画家。
明治30年4月28日生まれ。有島生馬(いくま)にまなぶ。フランスに留学し,昭和6年二科会会員。戦後は二科会再建の中心となり,36-53年会長。32年壁画「創生の歌」で芸術院賞。幻想的で詩情ゆたかな女性像をえがいた。芸術院会員。昭和53年4月25日死去。80歳。文化功労者を追贈された。鹿児島県出身。青山学院中学部卒。本名は鉄春。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

とうごうせいじ【東郷青児】

1897~1978) 洋画家。本名鉄春。鹿児島県生まれ。二科会会長。幻想的・装飾的女性像を描いた。作「パラソルさせる女」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東郷青児
とうごうせいじ

[生]1897.4.28. 鹿児島
[没]1978.4.25. 熊本
洋画家。本名は鉄春。 1914年青山学院中学部卒業後,有島生馬に師事。 16年第3回二科展に初出品して二科賞を受賞した『パラソルさせる女』 (清力美術館) は幻想的な作品で,以後の作風を決定づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東郷青児
とうごうせいじ
(1897―1978)

洋画家。明治30年4月28日鹿児島市に生まれる。本名鉄春。青山学院中学部を卒業。有島生馬(ありしまいくま)に師事し、また作曲家の山田耕筰(こうさく)からヨーロッパの新芸術思想を啓示され、1916年(大正5)二科展に未来派風の『パラソルさせる女』を初出品、二科賞を受ける。1921~1928年(昭和3)フランスに留学。帰国した1928年の二科展に『サルタンバンク』ほかの滞欧作を特陳して昭和洋画奨励賞を受け、1931年に二科会会員となる。1957年(昭和32)日本芸術院賞を受け、同年と1959年の日本国際美術展で大衆賞を受賞。1960年日本芸術院会員となり、翌年二科会の会長に就任した。1976年には東京新宿に東郷青児美術館が開館。未来派ないしキュビスムを叙情化した甘美な装飾的作風の女性像で知られる。昭和53年4月25日旅行先の熊本市で没。[小倉忠夫]
『植村鷹千代他解説『東郷青児画集』(1981・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東郷青児の言及

【キュビスム】より

…キュビスムはイタリアの未来派,イギリスのボーティシズムに造形的影響を及ぼし,またここからR.ドローネーのオルフィスム,オザンファンらのピュリスムが派生した。抽象芸術 日本におけるキュビスムの受容は1915年ごろに始まり,東郷青児,万鉄五郎らの作品にまずその反映がうかがえる。20年代に入ると,矢部友衛,古賀春江,黒田重太郎,川口軌外,坂田一男と,なんらかの形でキュビスムあるいはそれに類する様式を取り入れる画家はその数を増し,ひとつの流行の観を呈した。…

【明治・大正時代美術】より

…また坂本繁二郎は,東洋的な,浪漫的な心情を,光と影の色面に表現する独自の絵画世界をつくりだした。このほか二科会は,熊谷守一(もりかず)(1880‐1977),正宗得三郎(1883‐1962),中川紀元(きげん)(1892‐1972),鍋井克之(1888‐1969),小出楢重,国枝金三(1886‐1943),黒田重太郎(1887‐1970),林倭衛(しずえ)(1895‐1945),硲(はざま)伊之助(1895‐1977),関根正二,古賀春江,東郷青児(1897‐1978)ら,大正・昭和期の洋画界をリードする数多くの新人を世に出している。 二科会結成と同じ年,前年世を去った岡倉天心の一周忌を期して,日本画の横山大観,下村観山,木村武山(1876‐1942),安田靫彦,今村紫紅に洋画の小杉放庵を加えて,開店休業状態になっていた日本美術院が,洋画部も新たに設けて再興されている。…

※「東郷青児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東郷青児の関連キーワード黒田重太郎太田喜二郎佐伯米子横堀角次郎油谷達有馬三斗枝栗原信鈴木金平鈴木誠不破章

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東郷青児の関連情報