コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉士老 きしの おゆ

1件 の用語解説(吉士老の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士老 きしの-おゆ

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇23年(529)朝鮮の加羅(から)の多沙津(たさのつ)を百済(くだら)に割譲するさい,物部伊勢父根(もののべのいせの-ちちね)とともに勅使となる。加羅王の抗議をうけてひきかえしたが,のち録史(ふひと)(下級の書記官)が派遣され,多沙津は百済にあたえられた。うらんだ加羅は新羅(しらぎ)とむすんだという。名は「おきな」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉士老の関連キーワード穂積押山印支弥中皇子広媛(1)広媛(2)目頬子目子媛倭彦王荑媛継体天皇陵