コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉士老 きしの おゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉士老 きしの-おゆ

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇23年(529)朝鮮の加羅(から)の多沙津(たさのつ)を百済(くだら)に割譲するさい,物部伊勢父根(もののべのいせの-ちちね)とともに勅使となる。加羅王の抗議をうけてひきかえしたが,のち録史(ふひと)(下級の書記官)が派遣され,多沙津は百済にあたえられた。うらんだ加羅は新羅(しらぎ)とむすんだという。名は「おきな」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉士老の関連キーワード継体天皇

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android