コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉大尚 きち だいじょう

2件 の用語解説(吉大尚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉大尚 きち-だいじょう

?-? 飛鳥(あすか)時代の渡来人。
百済(くだら)(朝鮮)の官吏。位は達率(だちそち)。百済滅亡(663)のおり弟の少尚らとともに日本に亡命。医術や文芸に通じ,大友皇子にまねかれた客員学者のひとり。天智(てんじ)天皇10年(671)小山上(しょうせんじょう)の位をさずかった。吉田(きった)((きちた))氏の祖。塩乗津彦(しおのりつひこ)の子孫といわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉大尚

生年:生没年不詳
7世紀後半に医術と文芸で朝廷に仕えた百済系の渡来人。天智10(671)年1月,百済の滅亡後日本に亡命してきた人々に日本の官位が与えられたとき,小山上を授けられ,薬学に通じていると『日本書紀』に記されている。『懐風藻』には沙宅紹明らと共に皇太子大友皇子の「賓客」となったとあるので,学芸の面でもすぐれた才能を持っていたことがうかがえる。子孫にも医術をもって賞されたものがある。『続日本後紀』承和4(837)年6月条には吉大尚の先祖は任那に派遣された倭人であるという伝承が載せられているが,信憑性はないと考えられている。

(清田善樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉大尚の関連キーワードアナクレオン玉作部番匠武士百済寺跡公家衆在廷摂関時代韓鍛冶続守言

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone