コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉少尚 きち しょうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉少尚 きち-しょうじょう

?-? 飛鳥(あすか)時代の渡来人。
百済(くだら)(朝鮮)の人。百済滅亡(663)のおり兄の大尚(だいじょう)らとともに日本に亡命。代々医術をつたえ,子孫は平城京の田村里に居住,吉田(きった)((きちた))氏を称した。崇神(すじん)天皇の時代に任那(みまな)にわたった塩乗津彦(しおのりつひこ)の8世孫という伝承がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉少尚の関連キーワードあすか渡来人百済

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android