吉尾なつ子(読み)よしお なつこ

  • 吉尾なつ子 よしお-なつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1899-1968 昭和時代の小説家。
明治32年6月10日生まれ。女学校教師,時事新報記者をへて作家となる。初婚にやぶれ再婚して朝鮮京城にわたり,「国民文学」の同人となる。作品に「夜ごとの」「はじめに恋ありき」などの愛欲小説のほか,児童読み物,人生読本がある。昭和43年4月4日死去。68歳。岡山県出身。京都女子高専(現京都女子大)卒。本名は根本芳子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android