吉尾なつ子(読み)よしお なつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「吉尾なつ子」の解説

吉尾なつ子 よしお-なつこ

1899-1968 昭和時代の小説家。
明治32年6月10日生まれ。女学校教師,時事新報記者をへて作家となる。初婚にやぶれ再婚して朝鮮京城にわたり,「国民文学」の同人となる。作品に「夜ごとの」「はじめに恋ありき」などの愛欲小説のほか,児童読み物,人生読本がある。昭和43年4月4日死去。68歳。岡山県出身。京都女子高専(現京都女子大)卒。本名は根本芳子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android