コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民文学 こくみんぶんがく

4件 の用語解説(国民文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民文学
こくみんぶんがく

世界文学との関連において考えられる場合が多いが,種々の意味に理解される。一国の国民性または国民文化の表われた独特の文学とも,近代国民国家成立に伴ってつくられた文学ともいえる。いずれにしても国民または民族の固有の性格を高度に表現した文学のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐ぶんがく【国民文学】

一国の国民の諸特性をよく表現した、その国特有の文学。また、その国で広く国民に愛読されている文学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こくみんぶんがく【国民文学】

一国の国民性・民族性がよく表された、その国特有の文学。また、その国で最も広く愛読されている、その国を代表する文学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民文学
こくみんぶんがく

短歌雑誌。1914年(大正3)6月、窪田空穂(くぼたうつぼ)が空穂中心の結社十月会を母胎として創刊。初めは文芸総合誌として出発し、執筆者は広く文壇、詩壇に及んだが、数号で短歌雑誌の性格を強くした。16年から松村英一が編集の中心になり、46年(昭和21)以後英一主宰。初期同人に半田良平、対馬(つしま)完治、植松寿樹(ひさき)、川崎杜外(とがい)らがあり、さらに菊池庫郎(ころう)、谷鼎(かなえ)、大塚泰治、井上健太郎、生方(うぶかた)たつゑ、山本友一、遠山繁夫、土屋正夫、千代(ちよ)国一らがいる。大正期以後の有力な歌誌の一つで、歌風はてらいのない写実を基本として、創刊当時から一貫している。2000年現在、編集発行人千代。[武川忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民文学の関連キーワード逸脱行動カバニス行列式言語美学汚言社会言語学ラウンジ世界文学会脳-消化管軸デポジット(Deposit)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民文学の関連情報