コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民文学 こくみんぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民文学
こくみんぶんがく

世界文学との関連において考えられる場合が多いが,種々の意味に理解される。一国の国民性または国民文化の表われた独特の文学とも,近代国民国家成立に伴ってつくられた文学ともいえる。いずれにしても国民または民族の固有の性格を高度に表現した文学のこと。しかしそれは国粋主義的な排他的民族性の表現をいうのではない。民族性のすぐれた表現は,普遍性をもち,そのまま世界文学としても通用する。また貴族など限られた特殊の階層の要求のみでなく,国民各層の広範な欲求にこたえ,愛読されるという階級的普遍性も,国民文学の重要な条件であるといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐ぶんがく【国民文学】

一国の国民の諸特性をよく表現した、その国特有の文学。また、その国で広く国民に愛読されている文学。
[補説]書名別項。→国民文学

こくみんぶんがく【国民文学】[書名]

日本の短歌雑誌。大正3年(1914)、窪田空穂の責任編集で創刊。総合文芸誌としてスタートしたが、7号以降は窪田が主宰する十月会を中心とする会員誌になり、短歌雑誌となった。同人に、松村英一半田良平植松寿樹など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくみんぶんがく【国民文学】

一国の国民性・民族性がよく表された、その国特有の文学。また、その国で最も広く愛読されている、その国を代表する文学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民文学
こくみんぶんがく

短歌雑誌。1914年(大正3)6月、窪田空穂(くぼたうつぼ)が空穂中心の結社十月会を母胎として創刊。初めは文芸総合誌として出発し、執筆者は広く文壇、詩壇に及んだが、数号で短歌雑誌の性格を強くした。16年から松村英一が編集の中心になり、46年(昭和21)以後英一主宰。初期同人に半田良平、対馬(つしま)完治、植松寿樹(ひさき)、川崎杜外(とがい)らがあり、さらに菊池庫郎(ころう)、谷鼎(かなえ)、大塚泰治、井上健太郎、生方(うぶかた)たつゑ、山本友一、遠山繁夫、土屋正夫、千代(ちよ)国一らがいる。大正期以後の有力な歌誌の一つで、歌風はてらいのない写実を基本として、創刊当時から一貫している。2000年現在、編集発行人千代。[武川忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国民文学の関連キーワードフランチェスコ(アッシジの)カルロス バルマセーダエウゲニーオネーギンJ.ラモン センデルシピオ スラータペルA. イラーセクマヌエル リバスダグラス ハイドニェムツォバーポットヒーテルシェフチェンコアルベルティ井上 健太郎吉尾なつ子新日本文学対馬 完治遠山 繁夫イラーセク隅田 葉吉高橋 荘吉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民文学の関連情報