コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋愛論 れんあいろん De l'Amour

4件 の用語解説(恋愛論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恋愛論
れんあいろん
De l'Amour

フランスの小説家スタンダール著。 1822年刊。従来の恋愛論にみられる憶説や先入観を排し,心理学的立場から恋愛の解剖を試みたもので,分類 (情熱的,趣味的,肉体的,虚栄的) ,発生とその過程を扱う第1部と,その社会生活との関連を扱う第2部から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れんあいろん【恋愛論】

《原題、〈フランスDe l'Amourスタンダールによる評論。1822年発表。愛する人を想像力で美化してしまう心理的作用を表す「結晶作用(cristallisation)」の造語が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れんあいろん【恋愛論】

スタンダールの評論。1822年刊。第一部では恋愛を情熱・趣味・肉体・虚栄の四つのタイプに分け、第二部で社会生活との関係を考察する。塩の結晶を例に、恋愛心理の発生を説いた「結晶作用」が名高い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恋愛論
れんあいろん
De l'Amour

フランスの作家スタンダールエッセイ。1822年刊。冒頭で恋愛を4種に分類したり、恋の進展に7段階を画したり、のち有名になった「結晶作用」cristallisationという用語を導入するなど、恋愛に関する理論的著作であるかのような印象を与えるが、総体はあまり体系的とはいいがたい。「人間の心の観察家」を天職と心得るスタンダールは、イデオロジー哲学の強い影響のもとに、もちろん恋愛なる情念の分析を志すのだが、しばしばそれ以上に私的体験の告白(多くは自殺した一イタリア青年の手記という体裁をとる)が前面に押し出されてしまう。すなわち、この作品は、ミラノで人妻マチルデ・デンボウスキに恋し、失恋した著者の体験がその直接の源泉であり、極論するなら彼女1人のために書かれた弁明と告白書という性格をもつ。それが本書を理解しにくくしているのも事実だが、反面、スタンダールという作家を理解するためには不可欠の「鍵(かぎ)」ともいうべき作品なのである。[冨永明夫]
『大岡昇平訳『恋愛論』上下(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恋愛論の関連キーワードムスタングスタントスタンドバースタンプ台マスタングスタンドマンスタンバ・るがすたんレスタンスオフスタンプ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恋愛論の関連情報