コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉山常房 よしやま つねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉山常房 よしやま-つねふさ

1695-1745 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)8年生まれ。大楽朴水にまなぶ。遊歴後の享保(きょうほう)9年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利吉元の命で周防(すおう)(山口県),長門両国の産物写生図を2部作成した。元文4年寺社組支配となる。延享2年7月14日死去。51歳。長門出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉山常房の関連キーワード安保理決議1695と1718カンファイスカンプハイス桃林堂蝶麿アルノーポール・ロアイヤル運動シュラウンヒルデブラント徳川吉宗水木辰之助

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android