コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川類次 よしかわ るいじ

2件 の用語解説(吉川類次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川類次 よしかわ-るいじ

1858-1927 明治-大正時代の育種家。
安政5年10月7日生まれ。生地の高知県で水稲の超早稲(わせ)品種を研究し,明治32年新品種を作出,44年「衣笠(きぬがさ)早稲」と命名される。のちに式地亀七の晩稲品種「相川44号」との組み合わせにより,二期作が高知県でさかんとなった。昭和2年8月10日死去。70歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉川類次

没年:昭和2.8.10(1927)
生年:安政5.10.7(1858.11.12)
明治大正期の篤農家。土佐国(高知県)長岡郡稲生村衣笠(南国市)の吉川繁蔵と松の次男。研究心が強く努力して耕地を拡張し,石灰業にも従事,社会活動も行った。明治19(1886)年父と兄をコレラで失い無一物となったが再起した。長岡郡十市村の鍋島菊太郎の育成した品種「出雲早稲」の中から特別生育の早い種「京早稲」を得て育成研究の結果,32年新品種「衣笠早稲」(明治44年命名)を完成。同年7月22日この新品種による新米を高知市場に出荷し人々を驚かせた。これより土佐の水稲二期作は軌道に乗った。<参考文献>橋詰延寿『吉川類次翁』,『南国市史』下

(山本大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉川類次の関連キーワード篤農篤農家土佐本土佐小笠原伝次川崎幾三郎式地亀七中田勘左衛門西内義顕吉村春峰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone