コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式地亀七 しきじ かめしち

2件 の用語解説(式地亀七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式地亀七 しきじ-かめしち

1888-1959 大正-昭和時代の育種家。
明治21年1月21日生まれ。水稲品種「晩宇和島」をもとに,明治44年晩稲品種「相川44号」の育成に成功し,大正11年高知県の奨励品種となる。吉川類次の早稲(わせ)品種「衣笠(きぬがさ)早稲」との組み合わせにより,高知県で二期作がさかんとなった。昭和34年4月21日死去。71歳。高知県出身。旧姓は池添。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

式地亀七

没年:昭和34.4.21(1959)
生年:明治21.1.21(1888)
明治後期・大正昭和期の篤農家。高知県土佐郡森村高須(土佐町)の池添富吉と雪の次男。叔父式地長次郎の娘久恵の婿養子となる。博覧強記で才智があり研究心旺盛で,農事に励んだ。明治44(1911)年水稲二期作の後期用の品種として各種の品種を交配した「相川44号」の育成に成功。のちに高知県立農事試験場で改良が加えられた。香長平野を中心に作付け面積が広がり,大正期には九州地方の西南部にまで普及した。昭和初期には6000haに及んだ。42年には相川採種組合を創立し,初代組合長を務めた。<参考文献>『土佐町史』

(山本大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

式地亀七の関連キーワード篤農篤農家土佐本土佐宇田友四郎中田勘左衛門中山駸馬西内義顕山崎儀兵衛吉川類次

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone