吉本晴彦(読み)よしもと はるひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉本晴彦 よしもと-はるひこ

1923- 昭和後期-平成時代の経営者。
大正12年9月30日生まれ。生家は大阪の地主。昭和29年吉本土地建物を創立し,社長。47年関西地域開発を設立,60年大阪マルビルと改称し,オーナー社長となる。みずから「大日本どケチ教教祖」を名のる。関西経済同友会幹事。同志社大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android