コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉橋徳三郎 よしはし とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉橋徳三郎 よしはし-とくさぶろう

1870-1920 明治-大正時代の軍人。
明治3年11月13日生まれ。日露戦争に陸軍第三師団参謀として従軍する。第七師団参謀,騎兵学校長などをへて騎兵第四旅団長。少将。大正9年8月9日自殺。51歳。偕行社の機関紙上で陸軍高官と騎兵戦術上の論戦をしたあとであった。埼玉県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉橋徳三郎の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android