コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兄人 きったの えひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兄人 きったの-えひと

?-? 奈良時代の官吏,医師。
天平(てんぴょう)20年(748)の皇后宮職(しき)の牒(公文書)に侍医兼皇后宮大属(だいさかん)河内大目(かわちのだいさかん)とある。天平勝宝(しょうほう)元年皇后宮職が改変されて紫微中台(しびちゅうだい)が新設されると紫微少忠に昇進,紫微令(長官)藤原仲麻呂の側近となる。3年従五位下。吉田氏医術にすぐれた百済(くだら)系の渡来氏族。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田兄人の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android