コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兄人 きったの えひと

1件 の用語解説(吉田兄人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兄人 きったの-えひと

?-? 奈良時代の官吏,医師。
天平(てんぴょう)20年(748)の皇后宮職(しき)の牒(公文書)に侍医兼皇后宮大属(だいさかん)河内大目(かわちのだいさかん)とある。天平勝宝(しょうほう)元年皇后宮職が改変されて紫微中台(しびちゅうだい)が新設されると紫微少忠に昇進,紫微令(長官)藤原仲麻呂の側近となる。3年従五位下。吉田氏は医術にすぐれた百済(くだら)系の渡来氏族。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田兄人の関連キーワード阿刀酒主安倍黒麻呂粟田人上伊福部男依忍坂王紀豊河巨勢古麻呂多治比家主御方大野李元環

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone