皇后宮職(読み)コウゴウグウシキ

  • こうごうぐうしき クヮウゴウ‥
  • こうごうぐうしき〔クワウゴウグウ〕
  • 皇后宮▽職

百科事典マイペディアの解説

729年安宿(あすかべ)媛(のち光明皇后)の立后に伴って設置された令外官。職員は長官の大夫(だいぶ)以下(すけ)・大進(だいじょう)・・大属(だいさかん)・少属各1人,史生(ししょう)ほか。皇后の意思の伝達,日常を支えるために立后ごとに設置されたが,光明皇后の場合は写経所などの官司が付属していた。749年皇后が皇太后になり皇后宮職も紫微中台(しびちゅうだい)となった。→藤原氏聖武天皇藤原仲麻呂
→関連項目中宮職

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

皇后の日常生活をささえるために,それぞれの立后の際に設置された令外官。大夫,亮,大(少)進,大(少)属の四等官をもっていた。最初に皇后宮職が設置されたのは729年(天平1)に光明子の立后に際してである。このときの皇后宮職は四等官の下に史生,舎人奴婢等を所属させていたほか,造仏所,掃部所,染所,浄清所,勇女所などの付属官司をもっていた。この皇后宮職は光明子が749年(天平勝宝1)皇太后となると紫微中台(しびちゆうだい)となり,やがて光明子とむすんだ藤原仲麻呂が758年(天平宝字2)の橘奈良麻呂の変以後権力を独占してからは,坤宮官(こんぐうかん)と一時名称を変えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 令制で、皇后に関する事務をつかさどった官司。令には中宮職の名称で規定されている。中宮とは皇后、太皇大后、皇大后宮の三宮をさすとされるが、次第に皇后を意味するようになった。天平二年(七三〇)四月、聖武天皇の皇后となった安宿媛(あすかべひめ)のそれを最初とし、以後時々、設置された職。大夫一人、亮一人、大・少進各一人、大・少属各一人、舎人四〇〇人と直丁、使部からなっていた。〔続日本紀‐天平二年(730)〕
② 明治二年(一八六九)七月に設けられた、皇后宮に関する事務をつかさどった役所。宮内省に属し、大夫・主事・属・女官の職員を置く。昭和二〇年(一九四五)一一月廃止。こうごうぐうしょく。〔皇后宮職官制(明治四〇年)(1907)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の皇后宮職の言及

【皇后】より


[付属職司の変遷]
 令制によると,皇后は太皇太后,皇太后とともに付属職司として中宮職(しき)を充てられ,大夫以下の官人が奉仕すると定めている。しかし聖武天皇の生母で皇太夫人藤原宮子に中宮職を付属させ,安宿媛の立后に当たって,新たに皇后宮職を設けて以来,平安時代中期までは皇太夫人に中宮職を,皇后には皇后宮職を付属させた。一時醍醐天皇の皇后藤原穏子に中宮職を付属させて令制に戻したが,一条天皇のとき藤原定子,同彰子を相ついで皇后に立て,皇后が並立するに及び定子に皇后宮職を,彰子に中宮職を付属させた。…

【紫微中台】より

…令,弼,忠,疏の四等官22名がおかれた。もと光明皇后の意志の伝達,日常生活等を営むために729年(天平1)設置された皇后宮職を改称したものである。孝謙天皇の即位にともなって光明皇后が皇后から皇太后へかわったことに際してとられた措置であるが,紫微中台の長官(紫微令,後に紫微内相)に藤原仲麻呂が任命され,光明皇后との密接なつながりを官職上ももったことが注目される。…

※「皇后宮職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android