コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田宗房 よしだ むねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田宗房 よしだ-むねふさ

?-? 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
父は吉田定房。母は四条隆顕(たかあき)の娘。父にしたがい南朝につかえ,参議となって伝奏をつとめる。大納言,右大臣となり,北朝との和平交渉にあたった。明徳3=元中9年(1392)以後は消息不明。「新葉(しんよう)和歌集」に和歌がおさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田宗房

生年:生没年不詳
南北朝時代の南朝公卿。父は内大臣定房,母は権大納言四条隆顕の娘。父母共に大覚寺統に縁があったので,宗房も後醍醐天皇のときに朝廷に出仕し,元徳2(1330)年右少将,次いで右中将となり,南北朝時代には当然南朝に仕え,そこで参議から中納言,大納言,右大臣となり,北朝側との交渉役としても働いた。しかし明徳3(1392)年の南北朝合体後は消息が不明である。『新葉和歌集』に和歌6首が収められている。

(飯倉晴武)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android