コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田定房 よしださだふさ

8件 の用語解説(吉田定房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田定房
よしださだふさ

[生]文永11(1274)
[没]延元3=暦応1(1338).1.23. 吉野
鎌倉時代末期~南北朝時代の廷臣。経長の子。北畠親房万里小路宣房とともに「後の三房」と称された。元弘の討幕計画を幕府に漏したが,建武政府には再び重用されて内大臣,民部卿となり,足利尊氏の反乱後,吉野に走って南朝に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐さだふさ【吉田定房】

[1274~1338]鎌倉後期・南北朝時代の公卿。後宇多天皇後醍醐天皇の信任が厚く、また、幕府とも親しく、元弘の変では事前に通報し、その後も南朝・北朝の間を出入りした。北畠親房藤原宣房とともに「後(のち)の三房」と称された。日記「吉槐記」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田定房【よしださだふさ】

鎌倉末〜南北朝時代の公卿(くぎょう)。経長の子。内大臣,民部卿。後醍醐天皇の討幕の議にあずかり,その計画を事前に幕府に告げたが,建武政権にも重用され,恩賞方・雑訴決断所などに出仕。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田定房 よしだ-さだふさ

1274-1338 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
文永11年生まれ。吉田経長(つねなが)の子。母は葉室定嗣(はむろ-さだつぐ)の娘。乾元(けんげん)元年参議。後宇多上皇,後醍醐(ごだいご)天皇につかえ,鎌倉への使者をつとめる。元徳2年従一位。翌年後醍醐天皇の討幕計画を幕府側に密告したが,建武(けんむ)新政府では天皇に重用され内大臣となる。南北朝併立期には,はじめ北朝,のち南朝につかえ,建武5=延元3年1月23日吉野で死去。65歳。日記に「吉槐(きつかい)記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田定房

没年:暦応1/延元3.1.23(1338.2.13)
生年:文永11(1274)
鎌倉後期・南北朝初期の公卿。父は権大納言経長,母は権中納言葉室定嗣の娘。父は大覚寺統に仕える重臣で,定房もまた後宇多上皇,後醍醐天皇に仕えて信任が厚かった。大覚寺統の代表として何度か鎌倉幕府への使者に立ったが,元亨1(1321)年には後宇多院政の停止・後醍醐天皇親政の開始の可否を諮るために鎌倉に赴いた。幕府の賛同を引き出して帰京すると後醍醐天皇に重く用いられ,万里小路宣房,北畠親房と共に,後三条朝の「三房」になぞらえて「後の三房」と称された。正中1(1324)年,後醍醐天皇の討幕計画が露顕し,正中の変が起こると,陳弁につとめて天皇を助けた。定房は早急な討幕は不可能であると判断し,なおも挙兵の準備をすすめる天皇をしばしば諫めた。元徳2(1330)年には10カ条の意見書を奉呈して討幕の不可を論じている。しかし天皇はこれを容れなかったため,ついに定房は元徳3/元弘1(1331)年,日野俊基を主謀者とする討幕計画が存在することを幕府に密告した。俊基を犠牲にして,天皇と朝廷とを守ろうとしたのである。これが発端となって元弘の乱が起こり,天皇は隠岐に流されて全国的な内乱が始まる。やがて幕府が滅び,天皇が帰京して建武の新政行われると,定房は再び重く用いられ,内大臣に昇進した。彼の家は大納言どまりが通例であったから,天皇の信任のほどが知れる。建武3/延元1(1336)年足利尊氏が挙兵して天皇が吉野に立て籠もると定房もこれを追って南朝に仕え,まもなく吉野に没した。日記『吉槐記』がある。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしださだふさ【吉田定房】

1274‐1338(文永11‐延元3∥暦応1)
鎌倉末~南北朝初期の公卿。父は権大納言経長,母は権中納言葉室定嗣の女。北畠親房,万里小路宣房(までのこうじのぶふさ)とともに〈後の三房〉と称された。父経長とともに大覚寺統に忠勤を励み,後宇多上皇の信任をえて,1301年(正安3)大覚寺統の後二条天皇即位のとき,蔵人頭となり,翌年参議右兵衛督に任官,検非違使別当となる。03年(嘉元1)従三位,05年権中納言,06年(徳治1)後宇多上皇の院執権となり,07年正三位に昇るなど,官位ともに昇進したが,08年(延慶1)持明院統花園天皇即位により,翌年辞官。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしださだふさ【吉田定房】

1274~1338) 鎌倉後期・南北朝時代の廷臣。後醍醐天皇の討幕計画を幕府に密告したが、天皇の信任厚く、建武新政府に重きをなした。南北分裂後は初め北朝、のち南朝方。日記「吉槐記」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田定房
よしださだふさ
(1274―1338)

鎌倉後期~南北朝初期の公卿(くぎょう)。経長(つねなが)の子。母は葉室定嗣(はむろさだつぐ)の女(むすめ)。従(じゅ)一位。後宇多(ごうだ)・後醍醐(ごだいご)天皇に仕え、院執権となり、関東への使者として公武間の斡旋(あっせん)に努めたが、また1331年(元弘1)後醍醐の討幕計画を幕府側に密告したこともある。建武(けんむ)政権にも重用され、内大臣に任ぜられ、民部卿を兼ね、やがて伊勢(いせ)の知行(ちぎょう)国主ともなった。南北両朝分裂後、南朝方に仕え、吉野で没した。とくに後醍醐天皇の名臣として、万里小路宣房(までのこうじのぶふさ)・北畠親房(きたばたけちかふさ)とあわせて、いわゆる「後の三房(さんぼう)」と称せられる。日記に『吉槐記(きつかいき)』がある。[山口隼正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田定房の言及

【恩賞方】より

…しかし,後醍醐天皇親裁による恩賞宛行(あておこない)と恩賞方の審議とは必ずしも連携せず,恩賞問題は混乱した。34年(建武1),全国を4地区に分け,吉田定房(東海・東山道),九条光経(北陸道),万里小路藤房(畿内・山陽・山陰道),四条隆資(南海・西海道)をそれぞれ頭人とする四番制を採用して機構を整備した。これら頭人は雑訴決断所の頭人あるいは寄人(よりうど)を兼任した。…

【三房】より

…為房も白河,鳥羽天皇のもとで活躍した。後三房は南北朝期の吉田定房万里小路(までのこうじ)宣房北畠親房。3人は後醍醐天皇の信任厚く,定房,宣房は正中の変,元弘の乱にも関与し,親房は《神皇正統記》を著し南朝の指導者として重要な位置を占めた。…

※「吉田定房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田定房の関連キーワード葉室頼要久世通根園基理正親町実連世尊寺伊俊六条有栄櫛笥隆望御子左為兼権大納言三条実躬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone