伝奏(読み)てんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝奏
てんそう

親王家,摂家寺社武家などの奏請を院,天皇に伝え奏する職。院の伝奏白河天皇院政とともに,天皇の伝奏は建武中興の際に始ったといわれる。寺社伝奏神宮伝奏もあったが,武家伝奏は特に重要で,室町幕府の創立のとき始り,江戸幕府では慶長8 (1603) 年以来公家2人が任じられて朝幕間の連絡にあたり,慶応3 (1867) 年廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐そう【伝奏】

[名](スル)《「でんそう」とも》
取り次いで奏上すること。
平安後期以降の朝廷の職名。親王摂関家・武家・社寺などの奏請を院や天皇に取り次ぐことをつかさどった。その中でも室町時代以降の武家伝奏は、特に江戸時代において公武間の意思の伝達にあたる重職であった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伝奏【てんそう】

平安後期から江戸期の天皇・上皇への取次役。院政期に院と摂関・寺社などの連絡係として起こり,室町時代に天皇への武家伝奏が始まる。江戸幕府はこれを重視,公家から常時2名を選任して厚遇。1867年廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんそう【伝奏】

中・近世の公家政治制度の職名政務を執る院または天皇に,政事を奏聞し,政断を伝宣する役職,また奏聞,伝宣をすることをいう。11世紀末,白河院政の成立以来,公家政治はたてまえ上は天皇,太政官による律令政治を維持しながらも,実質的には政務といわれる院が専断する政治となり,徐々に太政官を経ず政務を執行する体制が確立されるようになる。鎌倉中期ごろの例でいえば,中世社会の根幹である所領,所職の与奪,安堵,相論裁許,課税催免などに関しては天皇,太政官を経ず直接院宣をもって沙汰し,律令的官位,待遇あるいはこれに準ずる職位の補任,昇階は,院宣によって太政官を動かし,政務を全う(官文書を発給)させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんそう【伝奏】

( 名 ) スル
〔「でんそう」とも〕
取り次いで奏聞すること。
院政期以降の公家の職名。院政期には摂関家・寺社などの奏請を院に取り次いだ。室町幕府の成立以降、武家伝奏ができ、幕府の意向を朝廷に取り次いだ。特に江戸時代は関白に次ぐ要職で、毎年三月、勅使として江戸に下り将軍に対面した。 → 院の伝奏寺社伝奏武家伝奏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝奏
てんそう

取次ぎ奏聞(そうもん)することをつかさどる役職。院伝奏はすでに白河(しらかわ)院政期(1086~1129)にみえるが、天皇のために置かれたのは建武(けんむ)政権(1333~36)のときがその初めである。伝達奏聞の対象により、武家伝奏、寺社伝奏などの別があり、即位、改元、凶事などにも臨時にその伝奏を置くことがあった。江戸期には武家伝奏は関白に次ぐ要職であり、朝廷と幕府の間の交渉をつかさどることをおもな職務とし、さらに朝廷の表向(おもてむき)・口向(くちむき)の要務や寺社からの奏請の取次ぎにも携わった。定員は2人で、納言(なごん)・参議のなかから補された。なお寺社伝奏には、南都伝奏、神宮伝奏、賀茂(かも)伝奏などがあった。[橋本政宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐そう【伝奏】

〘名〙 (「でんそう」とも) 奏請を天皇または上皇にとりつぐこと。また、それを任務とする職。平安末期から上皇の院司の内にみえ、南北朝以降はもっぱら天皇のためにおかれたもので、多く大・中納言が任じられた。次第に奏請者ごとに分化し、室町以降、幕府に対しての武家伝奏、主要な神社・寺院に対しての寺社伝奏がおかれた。また、即位、改元、凶事など朝廷の重要な行事におかれることもあった。
※小右記‐天元五年(982)正月二五日「還参内、以蔵人恒昌此由、依御物忌伝奏也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伝奏の言及

【女房奉書】より

…とくに天皇の女房奉書は勾当内侍(こうとうのないし)が奉ずる。鎌倉中期以降の公家政治は,院政にあっては伝奏(てんそう)が,親政にあっても鎌倉末までには伝奏が置かれ,政務を執る院や天皇の奏聞・伝宣の役を担っていた。伝奏は本来直接仙洞や内裏に参入して事にあたったが,ときおり不参のときには側近の女房の奉書をもって伝奏に仰せを伝えさせたのである。…

【武家伝奏】より

…朝廷と幕府間の意思疎通をはかるために置かれた公家の役職。本来,伝奏は武家,寺社等の奏請を伝奏することをつかさどり,室町時代には武家伝奏,寺社伝奏の職掌分化をみた。江戸時代には武家伝奏をとくに要職とし,単に伝奏とも称した。…

※「伝奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝奏の関連情報