コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田拙蔵 よしだ せつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田拙蔵 よしだ-せつぞう

1826-1887 幕末-明治時代の武士。
文政9年7月10日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)大野藩士。安政3年からの藩の樺太(からふと)(サハリン)開拓事業にくわわる。幕府の海軍操練所で技術を習得,藩の洋式帆船大野丸の船長となって物資輸送などにあたった。維新後は教育につくした。明治20年11月20日死去。62歳。名は俊章。字(あざな)は子明。号は静斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田拙蔵の関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフ東南アジア史(年表)玻璃玄武岩おもなお雇い外国人東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone