コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田比砂子 よしだ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田比砂子 よしだ-ひさこ

1924- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正13年9月11日生まれ。第二次大戦末期に満州(中国東北部)にわたり,戦後の3年間を農民とともにくらす。昭和35年この体験をもとに,「雄介の旅」で少年の成長を雄大な構想でえがく。51年戦争が激化する時代を背景にした「マキコは泣いた」で小学館文学賞。平成11年「すっとこ どっこい」で日本児童文芸家協会賞。岡山県出身。東京府立第一高女卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田比砂子の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone