コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田比砂子 よしだ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田比砂子 よしだ-ひさこ

1924- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正13年9月11日生まれ。第二次大戦末期に満州(中国東北部)にわたり,戦後の3年間を農民とともにくらす。昭和35年この体験をもとに,「雄介の旅」で少年の成長を雄大な構想でえがく。51年戦争が激化する時代を背景にした「マキコは泣いた」で小学館文学賞。平成11年「すっとこ どっこい」で日本児童文芸家協会賞。岡山県出身。東京府立第一高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田比砂子の関連キーワードすっとこどっこい雄介のたび

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android