コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田雄翟 よしだ かつかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田雄翟 よしだ-かつかね

1587-1658 江戸時代前期の庄屋。
天正(てんしょう)15年生まれ。松平忠吉家臣小坂雄善(おざか-かつまさ)の長男。慶長7年父雄善が不祥事により清洲城を退去したため,在所の尾張(おわり)(愛知県)丹羽郡前野村にかえる。のち吉田姓を称し父の跡をついで庄屋職をつとめた。祖父前野雄吉(かつよし),その弟長康・勝長の覚え書きなどを編集し「武功夜話」21巻にまとめた。明暦4年2月22日死去。72歳。通称は孫四郎。号は昌斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田雄翟の関連キーワード安土桃山時代(年表)キリシタンフェルディナンド1世[メディチ家]フランチェスコ1世[メディチ家]アルマダ島津義弘セルバンテス肥前国豊前国マーロー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android