吉良持広(読み)きら もちひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良持広 きら-もちひろ

?-? 戦国時代の武将。
三河(愛知県)東条吉良氏。吉良持清の子。天文4年(1535)松平清康の子広忠(徳川家康の父)の元服に際して,加冠の役をつとめる。嫡流の西条吉良家の義安を養子にむかえて東西両吉良家の融和をはかり,南北朝時代以来の抗争をおわらせた。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android