コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同時犯(読み)ドウジハン

デジタル大辞泉の解説

どうじ‐はん【同時犯】

二人以上の者が、意思の連絡なしに、たまたま同時に同一被害者に対する加害行為をすること。犯罪成否に関しては各人個別に評価されるが、傷害の同時犯については共同正犯として取り扱われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうじはん【同時犯】

共犯関係にない二人以上の者が、同一の時間・場所で犯行をなすこと。独立に犯罪が成立する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の同時犯の言及

【共犯】より

…共同実行の要件とは対照的に,判例・通説は,意思疎通を共同正犯に不可欠の要件とする。意思疎通のない場合は同時犯といって共同正犯とは区別される。 共犯処罰の根拠に関する種々の見解の中で,重要なのは責任共犯説と惹起説である。…

※「同時犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同時犯の関連情報