コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同種療法の法則 law of similitude

法則の辞典の解説

同種療法の法則【law of similitude】

ある疾患を治療するに当たっては,健康なヒトに同様な疾患を起こすような薬物をきわめて微量用いることで治療可能になるという,ハーネマン(S. Hahnemann)の提唱した法則.「ホメオパシー」と呼ばれ,昨今ドイツなどで再評価されている.

この学説は16世紀のパラケルスス以来のもので,それなりの根拠はあるが,現在行われているホメオパシー治療は,1030倍希釈(!)などという水溶液を用いている以上,プラセボ効果*以外の何ものでもない.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

同種療法の法則の関連キーワード水溶液

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android