コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同穴海老 どうけつえび

大辞林 第三版の解説

どうけつえび【同穴海老】

海綿動物のカイロウドウケツの格子状の体腔たいこうの中にすむ小形のエビ。体長約3センチメートル。はさみは大きい。幼生時に体壁の小孔から中にはいり、一生海綿の中で過ごす。普通雌雄一対ですむ。 → 偕老同穴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同穴海老の関連キーワードカイロウドウケツ偕老同穴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android