コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偕老同穴 カイロウドウケツ

3件 の用語解説(偕老同穴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいろう‐どうけつ〔カイラウ‐〕【×偕老同穴】

《「詩経」邶風・撃鼓の「偕老」と「詩経」王風・大車の「同穴」を続けていったもの。生きてはともに老い、死んでは同じ墓に葬られる意》夫婦が仲むつまじく、契りの固いこと。
カイロウドウケツ科の海綿動物の総称。深海の泥中に直立する。円筒形で、全長30~80センチ。体壁はかごの目状で、内部の胃腔に雌雄一対のドウケツエビが共生することから、はじめエビをカイロウドウケツと呼んだが、後に海綿の名となった。相模(さがみ)湾駿河(するが)湾土佐湾に生息。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいろうどうけつ【偕老同穴】

〔「同穴」は「詩経王風、大車」の語。生きている時はともに老い、死んでからは同じ墓に入る、の意〕 夫婦が愛情深く固く結ばれていること。 「 -の契りを結ぶ」 「主人が-を契つた夫人の脳天の真中には真丸な大きな禿がある/吾輩は猫である 漱石
カイロウドウケツ科の海綿動物の総称。形は花瓶状・円筒状などで、長さ3~80センチメートル。細かい籠かごの目状の組織からできている。100~1000メートルの深海の泥中に直立する。体腔内に雌雄一対のドウケツエビがすんでいることがあり、このエビは生涯外へ出ることなく一緒にすむことから「偕老同穴」の名がつけられたが、現在では海綿の方の名となった。ビーナスの花籠。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偕老同穴
かいろうどうけつ

夫婦が長生きして、死後も同じ墓に葬られる意で、夫婦の契りの固いこと、むつまじく幸福な理想の結婚生活をいう。中国古代の詩集『詩経』(はい)風、撃鼓篇(へん)」に、「子(し)の手を執(と)りて子と偕(とも)に老いん」とあり、同書「王風、大車篇」に、「穀(い)きては則(すなわ)ち室を異にすとも、死しては則ち穴を同じうせん」などとあるのを出典とするが、「同穴」は淫奔(いんぽん)の詩であるとして、「偕老」に続けるのは不適とする説もある。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の偕老同穴の言及

【ドウケツエビ(同穴蝦)】より

…相模湾からフィリピン沖の水深150~400mの砂泥底で行われる,機船底引網に入るオウエンカイロウドウケツやマーシャルカイロウドウケツにはほとんど入っている。雌雄が生涯をともにするということから“偕老同穴の契り”として教訓的な話とされる。【武田 正倫】。…

※「偕老同穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

偕老同穴の関連キーワード七経偕老居諸式微詩書聖善風雅授衣『詩経』詩経国風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偕老同穴の関連情報