コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名づけ親 なづけおや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名づけ親
なづけおや

生児に名前をつけることによって結ばれる仮の親。ナオヤとかナゾイオヤともいう。現在では実の親が命名する場合が多いが,以前は産婆が取上げ親として名づけ親を兼ねた場合もあり,親類,子福者,村の有力者などを名づけ親に頼む風習もあった。名づけ親と生児とは一生の間儀礼的な親子の関係をもち,祝儀,不祝儀,労働の手助けなど親子の義理を尽した。特に病弱の子とか,親の厄年の子など,子の成長が危ぶまれるようなときには,拾い親や養い親などの仮親を立てて,その人に名づけ親を兼ねてもらう場合もある (→取子 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

名づけ親の関連キーワードマクリーン(Jackie McLean)エマージングマーケット三升家 紋右衛門モンモランシー公本多‐藤嶋効果藤井 猪勢治ハリントン甚太七兵衛名づけ祝い計量経済学森山愛子ビート派養子縁組スタイン蒲生君平吉田晴風名親横座

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名づけ親の関連情報