コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和桂之助 なわ けいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和桂之助 なわ-けいのすけ

1783-1863 江戸時代後期の儒者。
天明3年生まれ。肥後熊本藩につかえる。藩主にしたがって江戸とのあいだを往復しおおくのすぐれた学者とまじわる。山崎闇斎(あんさい)の説に傾倒した。文久3年11月15日死去。81歳。名は真民(まさたみ)。著作に「東遊稿」「村園雑興」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

名和桂之助の関連キーワード総合年表(アメリカ)キャベンディッシュ天明の飢饉グリュクスボー朝グリュックスボー朝森田勘弥中島名左衛門桂川甫三木室卯雲真如海

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android