コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和長重(読み)なわ ながしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和長重 なわ-ながしげ

?-? 鎌倉-南北朝時代の武士。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)隠岐(おき)(島根県)を脱出した後醍醐(ごだいご)天皇を伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)にむかえ,伯父名和長年とともに挙兵。のち文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年京都南の男山で足利義詮(よしあきら)に敗れ,吉野賀名生(あのう)にのがれたという。通称は太郎左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる