コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名塩和紙 なじおわし

1件 の用語解説(名塩和紙の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

名塩和紙

産地:兵庫 地元から産する各種の色相を持つ、凝灰石の微粒子(ベッドナイト)を混入して作られます。泥土を混ぜて漉く事により、虫害・変色に強い、燃えにくいなどの特徴があり、古くから神社・仏閣・城館の襖紙として使用されてきました。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名塩和紙の関連キーワード色相色立体色環天然ガス色相環珠玉白川石灘酒マンセル表色系フォーレル階級(海水の色調)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名塩和紙の関連情報