コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名瀬港

デジタル大辞泉プラスの解説

名瀬港

鹿児島県にある港。奄美大島北西部に位置し、本港、長浜、新港、佐大熊の4地区からなる。古くから本土や南方諸島との貿易港として発達。1955年7月設立。港湾管理者は、鹿児島県重要港湾(1954年7月指定)。港湾区域面積は、440ヘクタール。奄美諸島島々と結ぶフェリーが発着し、奄美観光の拠点となる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

名瀬港の関連キーワード奄美群島振興開発基金おがみ山バイパス事業小湊フワガネク遺跡赤木名城跡奄美(市)名瀬[市]れんと悪石島和泊町名瀬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名瀬港の関連情報