コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名花十友 めいかじゅうゆう

大辞林 第三版の解説

めいかじゅうゆう【名花十友】

宋の曽端白が一〇の名花を一〇種の友にたとえたもの。酴釄とびを韻友、茉莉まつりを雅友、瑞香(沈丁花)を殊友、荷花(蓮)を浄友、巌桂(木犀)を仙友、海棠を名友、菊を佳友、芍薬を艶友、梅を清友、梔子くちなしを禅友とする。南画の画題とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名花十友の関連キーワード沈丁花海棠芍薬画題名花南画瑞香木犀清友

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android