コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサイ

デジタル大辞泉の解説

きさい【后】

きさき(后)」の音変化。
「帝、―の思しおきつるままにもおはしまさば」〈総角

きさき【后/妃】

天皇の正妻。皇后および中宮。また、皇太后後宮(こうきゅう)女御(にょうご)更衣(こうい)などをいう場合もある。
王侯貴族の妻。

ご【后】[漢字項目]

こう

こう【后】[漢字項目]

[音]コウ(漢) ゴ(呉) [訓]きさき
学習漢字]6年
〈コウ〉
君主。「后王」
きさき。「后妃皇后(こうごう)三后母后立后皇太后(こうたいごう)
〈ゴ〉うしろ。のち。「午后(ごご)
[補説]は「」と通用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きさい【后】

〔「きさき」の転〕
皇后。中宮。 「みかど・-のおぼしおきつるままにもおはしまさば/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【女御】より

…女御には位階や定員についての規定もなく,比較的自由な任命が可能であった。淳和朝以降,妃,夫人,嬪などがほとんど置かれなくなり,ときとして皇后すら置かれなかったこともあったから,後宮における女御の地位は徐々に高まった。10世紀に入ると皇后も女御から昇進するようになり,位階も,やがて入内と同時に従三位に叙せられるようになった。…

※「后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

后の関連キーワードスセリヒメノミコト(須勢理比売命)西太后(せいたいごう)高宗(中国、唐)ティエンハウ廟藤原貞子(2)中和門院莉子淑子内親王高宗(唐)大后・太后武周革命今林准后呂氏の乱后町の井武韋の禍太平公主孝文帝天后節同治帝后がね東九陵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

后の関連情報