向井舟皐(読み)むかい しゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井舟皐 むかい-しゅうこう

?-? 江戸時代後期の陶業家。
讃岐(さぬき)香川郡浅野村の豪農天保(てんぽう)(1830-44)のころ筑前(ちくぜん)(福岡県)高取陶工をまねき,船岡山で自家用品をつくる。作品はなだれ釉(ぐすり)が特徴で,浅野焼,船岡焼とよばれた。通称は順平。別号に東湖斉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android